賃貸物件を退去する場合によく問題になるのが、契約書に書かれてある「原状回復義務」の解釈の違いです。この原状回復義務とは、契約期間が終了して借主が賃貸物件から退去するにあたって、自分で備え付けた物は全て取り除いてから貸主に返す義務の事を言います。国土交通省の住宅局より出されている原状回復をめぐるガイドラインには、「賃借人(入居者)の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と明記されています。これはつまり、借人が故意や過失によっては壊したり、汚したりした箇所に関しては、退去時に借人がその修繕費を負担しなければならないということです。また、「経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるもの」とも明記されているのですので、通常の使用における経過年数の劣化や損傷などの修繕に掛かる費用は、貸主が負担しなくてはいけないことと思いますよ。以上のことから、原状回復義務とは決して、「入居当時の状態に戻す」ことではないという事がわかります。しかし、これはあくまでもガイドラインであり、強制できる力は無いでしょう。それに、原状回復義務については、契約書で別に定めてあるケースもあるかもしれませんねので、最初は契約書をよく読んでくださいね。退去時の思わぬトラブルを避けるためにも、賃貸契約を結ぶ際には、原状回復義務の解釈を双方で確認し合うことが非常に重要ですー